職場に合いそうにないという理不尽な理由で落とされることは実際にある

職場に合いそうにないという理不尽な理由で落とされることは実際にある

採用選考を受けていく中で、各選考の持つ意味合いが異なることはお分かりだと思う。

大学入試でも同じことが言えるが、センター試験と国公立2次試験、私大入試では問われる内容が違うので、それぞれの受験対策が必要になる。それと同じで、面接試験でも、それぞれ対策が異なるものだ。実際に何が問われる入社試験なのだろうか、少し考えてみたい。

面接で何が問われているか把握すべき

面接を受ける側にとっては、企業側が何を求めているかを把握するのは難しい。もっと難しいのは、把握できたとしてもそのレベルまで持っていくことが簡単にはできない。だから、どれだけ面接に慣れているからと言っても、どれだけ筆記試験の評価が高いとしても、決して内定がすぐ手の届くところに転がっているわけではないのだ。

実は1次面接は基本的なことの確認だけ?

1次面接レベルであれば、履歴書や職務経歴書に記載されていることの確認をしていくのがメインになる。どういったことを担当してきたのか、どのような実績を積んできたか、成果をきちんと上げてきたか、志望動機が明確なものかどうか。基本的なことばかりだが、とにかくいろんな場面で回答が一貫していないと通過は難しい。

1次面接で落とされるということはよほどうまく話せなかった、志望動機に難がある、そこの会社が求めているレベルに達していないなどといったことが主な理由になるだろう。

同じような質問を他方面から訊いてくることも多々あるので、取り繕った回答だと綻びが出てしまうのが人間だ。面接という緊迫した場であれば尚更綻びが出やすいものだ。

2次(最終)面接がちょっと曲者だと感じること

1次面接と2次面接の大きな違いは、2次面接が最終面接となるケースが多いということ。基本的には役員クラスの面接官が出てくることばかりで、論理が一貫していないと通過することができない。面接官の手元には、1次面接のときの評価表(会社によって呼び方は違うだろう)があるので、そこからさらにグイグイ攻めてくるはずである。1次面接以上に、足元をすくわれないように気を付けなければならない。

しかし、曲者だと感じる1番の要素は、実はそこではない。

最終面接の場合、採否を決める一番大事な要素として挙げられるのは「応募者が会社の社風や企業文化に合っているかどうか」ということ。

応募者の基礎的なことについては1次選考で評定されているものである。1次選考を通過した応募者なのだから、基本的にはどの応募者も大きな差はないはずである。そんな中から、1人を選ぶのだから、ここまで来たらもう「好みの問題」だと言える。

勘違いしていけないのは、好みというのが容姿だとか、そういったレベルのものではないということ。会社から好かれるかどうかということ。もっと言えば、会社の風土や社風に合致しているかどうかということだ。

まとめ:最終面接の合否基準は企業文化

以上のことから、最終面接の1番重要な合否基準は企業文化に合っているかどうかだ。面接官が代表取締役ということであれば、そこの企業文化そのものと考えて良い。その人に合わないと感じさせてしまった段階で、企業には不必要となり、自然と「不採用」という結果になる。

1次面接と最終面接の評価基準は大きく異なるのである。

新しい風を吹き込むということの意味

よく、募集の経緯を教えてもらう際に「組織として停滞してきているので、新しい風を組織の中に吹き込みたい」という言葉を見聞きすることがある。勘違いしていけないのは、これは企業文化に合わない人でも採用したいということではない。あくまでも「企業文化に合っている人の中で」自発的に、多角的に動けて、組織を変革に導いてくれる人を採用したいという意味合いなのだ。何もかもが異端児ということでは決してない。くれぐれもお間違いのないように。

求職者向けカテゴリの最新記事