オンライン面接はどんな服装で臨めばいいのだろうか

オンライン面接はどんな服装で臨めばいいのだろうか

最近流行となっているオンラインでの説明会や面接実施。

WEB面接と言ったり、オンライン面接と言ったり、リモート面接などなど呼び方は違うが同じものを指すと考えて問題ない。もちろんデメリットはあるが、メリットも大きい。では、説明会にしても面接にしても受ける側としてはどういった服装で臨めばいいのだろうか。

オンライン実施の説明会や面接について

広義では電話での面談なんかも含まれると言ってもいい。しかし、今回は双方がモニターを通じて顔を見ることができるケースのものに限定する。

現在はコロナウイルスの関係で浸透しつつあるが、今後恐らく導入をする会社も増えるものだろうと思っている。

服装はどうしたらいいのか?

結論から申し上げれば、会社説明会や面接会場に訪問するのと同じ服装が望ましいと言える。筆者は何度か、商談や説明会(受ける立場)で使用したことがあるが、企業側の担当者は全て正装していた。

ということは通常のものと何ら変わりがないということになる。モニター越しでの対面とは言っても、清潔感のある髪型か、服装はしっかりしているか、といったことは容易に判別できる。

上半身はスーツ姿だが、下半身はスウェットやハーフパンツなど、面接に臨む姿勢を疑われるので十分注意すべきである。

どういった環境にPC設置したらいいのか?

基本的には周囲には物が散乱していない、静かな環境で臨むのがベストである。ただし、どうしてもそういった場所が確保できない場合は事前に企業担当者に伝えて、了解を得ておくべきである。

部屋にプライベートなものが置いてある場合は、モニターに映ってしまう空間内は綺麗にしておこう。家族の者がでよく通る場合は、モニターに映らないように、また静かにしてもらうなど協力体制を得ておこう。

モニター越しの対面は緊張しない?

よく、モニター越しの場合は、リアルな対面より緊張しにくいという意見もあるが、どうなのだろうか。筆者はまだ、モニター越しの面接は受けたことはないが、会社説明をしてもらった時には少しだけ緊張した。

正確には緊張というより、目線に困った。inカメラの方を常に向いていなければいけない上に、スマホの固定ホルダーを用意していなかったので、常に手で持っており、画面のブレも非常に気になってしまった。

もし受けるのであれば、印象を悪くしないためにもマテリアルはきちんと揃えておいた方が良さそうだ。

それは服装も踏まえてという意味である。

求職者向けカテゴリの最新記事