こんなタイプの上司はやはり嫌われてしまうので気を付けなければならない

こんなタイプの上司はやはり嫌われてしまうので気を付けなければならない

社会人になり15年以上も経過すると、いろいろな人と仕事をする機会に恵まれる。

いい意味でも、悪い意味でもある。人と仕事をすると、この人はとても尊敬できる人だ、というケースよりも、この人のここは気になるな、こういった人は嫌だな、こうなりたくはないなとマイナスの思考が出てくる方が多いように感じる。

もちろん筆者が仕事が出来るからこういった記事を書くわけではない。むしろ、こうなってはいけないという自戒の意味の方が強いことは前置きさせて頂く。

自分が言ったことを守らないタイプの人間

実はこのタイプの人間が筆者の周りには多く存在する。

こういった社内コンテストを開催して、優勝チームには金一封を賞金として贈呈するので切磋琢磨して頑張れと鼓舞して始めたものの、最後の最後には話を変えてしまう。確かに優勝チームは良いと思うが、全体的なレベルが低いので賞金は払わない。それどころか、なんだか訳のわからないお菓子や商品にすり替えてしまって全員の反感を買ってしまう人。

最初から、その気がないのであれば余計なことは言わないべきだ。モチベーションが下がるだけでなく、次回同じような場面に遭遇した時に、前回と同じようなことになるのではないかと不信感が募り、賛同が得られなくなってしまう。

自分の意見や方針がないタイプの人間

組織上、さらに上の上司がいる場合に時々見受けられる。こちらから提案を持って行ったとしても、さらに上の上司がこのように言っているからダメだ。これでは、さらに上の上司がうんと言わないだろう。などと言って、自分の意見ではなく、さらに上の人の意見ばかりを気にして、話が進まないことがある。

さらに上の人間が怖いのか、忖度なのかは分からないが、そんなことばかり言っていたら中間にいる人間の存在意義はなくなってしまう。

自分がやっていないことを他人に求めてくるタイプの人間

今でも社内でよく見かけるが、ずっと同じ営業先ばかり行ってどうするんだ、新しい営業先を開拓する度胸や努力はないのかと大きな声で指導しているのを見かける。

確かに、それは会社発展のためにとても必要なことである。

しかし、その言っている張本人の行動予定を見ていると、新規開拓営業は全くしていない。訪問先は毎度おなじみの会社だったりする。そういうことを知っているからこそ、その指導を見ているとなぜそんなことが言えるのかと疑念が生じてばかりである。

自分というものをしっかり持つ人間になるべき

今回のコラムは「自分(上司本人)」というものに掛けて3つのタイプの人間を列挙した。社会人だから、ということではないが特に人の上に立つ人間であれば、是非とも守っておきたいことばかりではないだろうか。

最初の数回は部下も笑って見過ごしてくれるかもしれない。だが、回を重ねるごとに少しずつ溝が深まってしまって、いつの間にか周りに慕ってくれる部下が1人もいない、なんてことにならないように気を付けたいものである。

最初に書いたが、自分自身が最も気を付けたいことの1つである。

素人が書くコラムカテゴリの最新記事