有給5日間の消化義務なんてものもお構いナシ!あなたの会社は大丈夫?

有給5日間の消化義務なんてものもお構いナシ!あなたの会社は大丈夫?

2019年4月に施行となった有給休暇の取得義務。

全ての労働者に対して、最低でも年5日間の有給休暇取得が義務化された。本来なら喜ばしい出来事なのだが、筆者が所属する会社がやっていることはあまりにもアウトなので、こういった被害者を出してはいけないということで紹介したい。

そもそもの企業体質はこういった感じ

ものすごく端的に言ってしまえば、「年次有給休暇という制度はあるが取得はまずできない。」そんな古き良き体質が残っている。古き良き、というのは嘲笑の意味で使っているということはお忘れなく。

非常におかしな話である。筆者は本社に在籍しているが、本社だから本来は率先して有給させなければならないのに、全く逆なのである。ちなみに筆者は管理職だが、一般職に近い立ち位置の役職だ。世間一般で言う有給のない経営陣ではないことを付け加えておく。

有給の付与の仕方(大いに問題あり)

では5日間の有給をどのように付与しているか。

なんと年間カレンダーでは休日になっている「ある日」を有給としているのである。しかも、本来休日であるにもかかわらず出勤させているから恐ろしい。午前中の半日とは言え、出勤させているのは事実なのである。

では半日、何をやっているのか。そんなもの休んでしまえばいいじゃないかと言われるかもしれないが、役職者の集う会議を開催しているから容易に休めない。そんな大事な会議を休むなどと言えば、即上司との面談が待っているレベルである。

問題はさらにここから潜在している

実はその日を有給にしていることを対象者に通知していない。プロセス、結果、全てに問題があると思っている。

日頃から本社に出入りしない管理職はそんなこと知る由もない。そして、出勤してみれば、「実は今日は有給になっている」と面白おかしく上層部から言われるのだから非常に腹立たしい話である。

実際の給与明細の写真には、「消化した」有給が1日と記載されている。筆者たちの知らないところで、「消化したことになっている」のである。

あなたの会社は大丈夫だろうか?

参考資料

引用:厚生労働省HP

いろいろなサイトで紹介されているが、厚生労働省のサイトから引っ張ってきたものが分かりやすいので、リンクとともに貼り付けておく。

求職者向けカテゴリの最新記事