履歴書不要が常套句となっているが日本の雇用市場では幻想に過ぎない

履歴書不要が常套句となっているが日本の雇用市場では幻想に過ぎない

最近、求人サイトでも一部賑わいを見せている「履歴書不要」案件。

履歴書不要とあるが本当に履歴書って必要ないのかな、楽して面接を受けることができるのかな、そんな疑問が残る人も多いはずだ。履歴書不要って、今までのキャリアをまったく気にしませんよ、あなたの人物面を重視させて頂きますということなのだろうか。

履歴書不要の根源は派遣会社の負の産物

こうして考えてみると、派遣会社が他の企業から目を付けられている理由も分かる。たくさんの案件を求人メディアに掲載したり、とんでもない高時給案件で根こそぎ求職者を持って行かれたり、一般の企業からしたら確かに鬱陶しいのだろうなと思うことは多々ある。

引用:タウンワーク

写真はタウンワークのメリット選択の画面だが、タウンワークに限らず、いろんなメディアで、スタンダードになりつつある。こんな感じでメリットの1つとして定着しつつあるのだ。

後々で別の書類を記入させられるのが普通

フルタイム枠の中途採用であれば、社会保険に加入するのが普通である。そうなった場合に、前職の情報が必要になるので結局何らかの形で直近前職の会社名を申告しなければならないのである。

履歴書の提出がないということは、別途会社が用意する書式を記入させられることが大半である。

本当に必要な情報は学校や会社の名前ではない

中途採用の場面において、出身学校や前職の会社名が重要視されることは基本的にない。とは言っても超大手企業の場合は別だが、世間一般的に言う中規模の会社であれば、携わってきた仕事内容が重視される。

小規模の会社や派遣会社であれば、まずはやる気といったところなのかもしれない。

求人広告会社の提案に怒ったことがある

母集団形成をしたいなら、是非、「履歴書不要」案件を出した方がいいとしつこく言われた際に、担当者に怒ったことがある。では、逆に自分の会社で出来るのか?と反論したが、今では少し大人げなかったなと思っている。

そこの会社は正社員採用だけなのでできないという返答だった。派遣会社なのだから、それぐらいやって普通ですよというスタンスに腹が立ったのである。押しつけみたいな感じが嫌だったのだろうなと今では思う。

正社員採用で働きたいなら履歴書提出がスタンダード

履歴書がなくても面接が受けられるのはアルバイト雇用か派遣会社が大半ではないかと思っている。実際にタウンワークで検索してみるとどうだろうか。

愛知県で検索すると数が多すぎるので、今回は名古屋市熱田区のみに絞って検索してみた。結果は109件のヒット。

引用:タウンワーク

では、その中で正社員案件はあるのだろうか。

引用:タウンワーク

結果は0件だった。正社員として勤務したいのであれば、履歴書を出せということである。ちなみにメディア特性からタウンワークで正社員ってそもそも少ないのではと思われるかもしれないので、「履歴書不要」を外して「正社員」案件で検索してみた。

結果は134件だった。

履歴書が必要と事前に伝えなくても用意してくる人、わざわざ履歴書が必要か尋ねてくる人はやはりレベル的なものは異なると感じる。これはあくまでも何百人とお会いさせてもらう採用担当者としての個人的意見だが、これが現実である。

履歴書不要は主流のようで、正規雇用というフィールドで考えれば、まだまだ全然スタンダードとは言えないのである。

求職者向けカテゴリの最新記事