コロナウイルスの影響で転職市場が一変してしまったので動くのは少し控えるべき

コロナウイルスの影響で転職市場が一変してしまったので動くのは少し控えるべき

コロナウイルスの影響で各社ともに仕事量が減少の傾向にある。

一部、システムエンジニア系は、他の業種に比べるとダメージは少ないとは聞くものの、それでもボリュームは減っている。各会社では新規雇用への取り組みがマイナス方向に働いているが、転職希望の人たちはどうしたらいいのだろうか。長いこと企業の採用担当をしてきた筆者の目線で書いてみた。

コロナウイルスの影響で先行きが不透明すぎる

筆者は派遣・請負のアウトソーシング業界に勤めている。取引先は物流センター、製造工場、そして情報通信の分野と多岐に渡る。ここ数ケ月は基本的にどの業種も人を増やす方向で動いてきたが、この3月くらいから様相が一変してしまった。

長期に渡る待機、そして4月から始まった同一労働同一賃金の法改正の問題、中には人員削減の話まで出てきている。国からは緊急事態宣言が発令されて、自粛ムードがあるが、いつまでこの状態が続くのかは一切分からない。

もちろん、コロナウイルスの問題がいつ終息するのかも一切予測が付かない。3ヶ月後、6ヶ月後、中には数年かかるなどという意見があり、人それぞれだ。

アルバイト雇用、派遣雇用は特に厳しい

製造工場が動かなければ、部品を作る下請け企業も、部品や完成品を保管しておく倉庫や物流センターも動かない。企業が動かないから、社員がいたら賑わうであろう店舗にも人がいない。

特にアルバイト雇用や派遣雇用に関しては、やはり真っ先に削減の対象に当たるとみなされてしまうため継続雇用・安定雇用が非常に難しい。自社の正社員を守るのにも必至だからだ。

中途キャリア採用は一旦見送りの企業も多い

筆者は転職希望者でもあるが、ちょうどコロナが爆発的に流行する前に選考を受けて最終面接への切符を渡されていたものの、コロナの関係で最終選考の実施が延期となった。

延期であればまだしも、候補者に内定が出される前なので、ひょっとしたら白紙撤回になるのではないかと覚悟はしている。景気が戻ったときに、再開してくれることを望むばかりである。

一番煽りを受けているのは2020年新卒者

個人的には一番煽りを受けているのは、この春に社会に出るはずだった新卒内定者ではないだろうかと思っている。急な待機命令だけれあればいいが、中には内定取り消しに至ってしまった不遇な学生もいると聞く。

どんな状況であっても一方的な内定取消は違法行為にあたる。企業も必至なのだろうが、学生が被る不利益の方がはるかに度合いが高い。ある企業では、内定取り消しとなってしまった学生の救済採用を行っているケースもある。何とか1名でも多くの学生さんが新しい企業で活躍されることを願うばかりである。

就職Shop

企業に在籍している転職希望者はイスを温めておくべき

厳しい景気状況では、求人数も減ってしまう。こういった動向でも採用活動を行うということは、ある意味で良い企業だとも言えるが、わざわざパイが小さい所を取りに行っても失敗するケースの方が大きいのではないだろうか。

景気が戻れば、必ず求人案件数が増える。当然ライバルも増えてしまうが、前述のことを考えれば待った方が得策だと思う。正社員を削減して、やはり正社員が必要になることも可能性としては十分あり得る。

今こそ転職エージェントは掛け持ちでOK

以前、転職エージェントは掛け持ちしても構わない、むしろ掛け持ちすべきだと書いたが、そのスタンスは今でも変わらない。

転職エージェントを変えても同じ求人案件を有しているケースが多い。分かりやすく言えば、リクルートで見かけた案件が、エンでもあったり、マイナビでもあったり、などといったケースが多いのだ。

エージェントは社内で選考されるのが日常茶飯事で、この企業では社内審査が通らなかったが、違う企業にしたら社内審査を通ったなどといったこともあるからだ。それぞれのエージェントが独自に持っている案件、面接対策の練習にもなるので気にせず、掛け持ちをすべきだと思う。

求職者向けカテゴリの最新記事