リファラル採用を導入していない企業は早急にやってみたらどうだろうか

リファラル採用を導入していない企業は早急にやってみたらどうだろうか

1人当たりの採用コストが年々高騰する中、各社がコストを下げる取り組みに追われている。

職種や勤務地、もちろん仕事内容にもよるが、大体10~15万円というのがフルタイム社員の採用単価ではないだろうか。もちろんアルバイト系はより安く、技術系の写真はより高く、新卒もより高い採用コストがかかる。新しい採用手法としてリファラル採用というものがあるが、1つの方法として考えてみてはいかがだろうか。

リファラル採用とは何か

リファラルはreferralと書き、日本語の意味は「紹介」。ここまで書けば、大半の方は想像が付くと思うが、在籍している社員・スタッフから新しく紹介をしてもらって採用しようというものである。

最近は導入している企業も多いと聞くが、一体どんなメリット・デメリットがあるのだろうか。

リファラル採用のメリット

採用コストの低減

冒頭に書いた通り、採用コストの削減が行えることが第一に挙げられると思う。1人当たりの採用コストが上昇して10万円前後の経費が掛かることを考えれば、求人広告も出さずに応募者が出てくるのはありがたい。

さらに、従業員の紹介ということもあり、ほぼ採用が見込まれる応募者なので、これだけ短期間に選考プロセスが凝縮できるのは他のツールではまずあり得ない。

入社辞退、退職防止への一定の効果が見込める

従業員の紹介を受けているということもあり、容易に入社を辞退したり、退職したりすることに対して抑止力が働くのも事実。ある程度は効果が望める。

もちろん入社後の勤務態度、仕事に対する姿勢も一般入社者よりも高いことが期待できるのではないだろうか。

リファラル採用のデメリット

社員満足度が低い状態だと紹介の見込みが薄い

会社に対して不平不満があるようでは、従業員を紹介なんてしてくれない。自分と同じ思いをさせたくないという心理が普通は働くからだ。

会社と社員の繋がりが容易に分かる瞬間でもあるので、日ごろからしっかりコミュニケーションを取っておく必要があるということだ。

金銭が動くので不正に繋がる恐れがある

あまり考えたくないものだが、きちんとしたチェック部門を設けておかないと。リファラルではないのにリファラルのように取り扱って、紹介料を搾取するなんてこともないわけではない。

実際に筆者の会社で起きた事例として、求人誌で応募のあったものを偽装工作して、リファラル採用であるかのごとく本部に手続きをしてきたことがあった。結果、全然関係のない第三者に紹介料が払われてしまったということもあるので、厳格な基準でチェックをしてくれる部門や担当を設置しなければならない。

リファラル採用の報酬設定

筆者の会社では1人当たり30,000円の報酬という設定をしている。1,500名ほどのスタッフ全部に働きかけが出来ているわけではないが、3ヶ月くらいのスパンで20名前後の獲得が出来ている。

世間一般的には1人当たりの採用コストが100,000円近くなるため、そのまま100,000円の報酬としているところもあるようだ。しかし、会社から払われる紹介手数料に税金がかかるという話もあるため

安すぎても報酬への意欲が削がれてしまうし、高すぎると不正も誘発しかねない。ほどほどの設定をした方が良いと思う。バランスが大事なのである。

リファラル採用は上手く活用すれば採用における武器にもなる。取り組んだことのない企業は是非、前向きに検討すべきである。

採用担当者向けカテゴリの最新記事