応募問合せの第一印象って案外大事だったりするので注意した方が良い

応募問合せの第一印象って案外大事だったりするので注意した方が良い

求人応募受付をしていると、嫌な印象を抱いてしまう応募者が見受けられる。

もちろん、これは受ける側も同様なので、気を付けて応対しなければいけないと思っている。最終的に面接や入社に至らないとしても、お互いに礼儀・礼節を持って気持ちよく終わりたいものだと思っている。仮に、今回採用まで結びつかたなかった場合でも、また次の機会にといったことも多い世の中だからこそ余計である。

電話をかけてくる時間って意外と大事

第一印象として、電話をかけてくる時間が挙げられる。業種によってもちろん違うものの、よく言われるのは午前であれば9~11時半くらいまで、午後であれば1時半~18時くらいまで。一般常識から考えれば通常の営業時間内で、また昼休みなど受ける側が手薄になったり、繁忙といわれる時間帯は避けるべきである。

筆者が属しているのは派遣事業なので、正直仕方がないのかもしれないと思ってはいるものの驚くような時間帯にかけてくるケースが散見される。

朝7時台であったり、夜21時過ぎであったり、なぜわざわざこの時間に仕事応募の電話なのだろうと普通に疑問に思うことが多い。ちなみに、企業体質的にその時間帯でもオフィスを開けており電話が繋がること、また休日等は筆者の携帯電話に転送で電話を飛ばすため、変な時間帯の電話も把握できているのである。

一番酷かったのは朝5時半に叩き起こされたこと、夜中の1時や2時はさすがに電話には出なかった。

言葉遣いだけで不採用にしたくなる人もいる

初対面だからこそ、初対面であってもやはり最低限の礼節は必要になる。顔も知らない人にいきなりタメ口で話しかけるなんてもってのほか。ぶっきらぼうな聞き方はまだ仕方ないかなとも思うが、いきなり電話を取ったら怒り口調で話されても、こちらとしては理由が分からないものである。

筆者はコールセンターで受付をすることも担当業務の一部である。女性が出た際に高圧的であった人が、責任者の私が電話に出た際に普通の口調になるケースもある。そうすると相手によって態度が変わるのかとマイナスな印象を持ってしま素。

たまたま電話の相手が責任者ということも多い

各企業ともに人件費の削減や、担当領域の幅を拡げるために複数のポジションを兼務することは一般的になりつつある。例えば、店舗に電話をかけた際に、アルバイトが電話に出ているのだろうと思っていたら、実は店舗責任者だったなんてことは多いだろう。

一部の派遣会社やブラック企業といわれる会社は未だに誰でもいいという採用スタンスだが、ほとんどの企業は違う。いくら人材に困っていても、誰でも採用になるという時代は確実に終わりを迎えていると思う。それはアルバイトでも同じことが言えるだろう。

わざわざ損する必要はない、普通に臨むべき

これから面接を受ける予定の会社に対して、わざわざ印象を悪くするなんてことは非常にナンセンスだと思う。そんなんであれば、最初から面接を受ける意味もないだろう。

奇抜が良いとされる社風の会社もあるが、この点に関しては明らかに通じないだろう。ここに関しては、あくまでも普通で良いのである。

求職者向けカテゴリの最新記事