indeed、求人ボックスに続いてスタンバイという求人検索エンジンを使ってみた

indeed、求人ボックスに続いてスタンバイという求人検索エンジンを使ってみた

1つの時代を築き上げつつある求人検索エンジンというタイプのサイトがたくさん出てきた。

インターネット求人が普及し始めたころと、全く同じような状況になりつつあるが、こうなってくるともうサイトの知名度がサイト隆盛のカギになってくる。今回は「スタンバイ」というサイトに焦点を当てて紹介したい。

サイト構成は全く同じ「職種」×「勤務地」

スタンバイ
スタンバイより引用

構成自体は、indeedや求人ボックスと何ら変わらない。職種や会社名と希望勤務地を入力して検索ボタンを押すだけの非常にシンプルな形である。使い勝手もいいと思う。

運営者は株式会社スタンバイ

運営企業は㈱スタンバイという企業になる。株主はZホールディングス㈱と㈱ビズリーチであるということが公式HPに記載がされている。

なおビズリーチも近年、勢力を伸ばしているサイトの1つである。どちらかというとスカウト型の求人サイトで管理職系の採用に特化している。企業が登録者の情報を見て、欲しい人材に直接アプローチするダイレクトリクルーティングという手法を取っている。

他と違うと感じるところ

求職者として利用すると考えた際に、ほとんど差がないのが実態だと思う。求人案件のまとめ的なサイトになるので、他から引っ張ってくる案件が主である以上は実質的に同じだとしか言えない。

ただ、各サイトともに直接入力だったり、キャンペーンでの案件掲載が進んでいるので全部が同じで意味がないとは言えないが、もはやここまで来ると好みの問題でしかないように感じている。

スタンバイ
スタンバイより引用

強いて言えば、その他のコンテンツのところは個人的に面白いと思う。

トピックス一覧をクリックすれば、色々な職種がピックアップされている。その職種になるためにはどうしたらいいのか、アドバイスも含めてコラムが書かれているのは他の仕事まとめサイトでは見当たらない。

スタンバイ
スタンバイより引用

また、エリアごとの特集も掲載されている。「県」単位であったり、「市」単位であったり色々ある。

スタンバイより引用

まだまだ、幅を利かせているのはindeedであるということは事実。新しい求職者のパイ獲得という効果を得ることは期待できるかもしれない。

採用担当者向けカテゴリの最新記事