カカクコムが運営する求人ボックスという仕事まとめサイトはindeedと一騎打ちにまで成長するか(求人ボックスの概要解説)

カカクコムが運営する求人ボックスという仕事まとめサイトはindeedと一騎打ちにまで成長するか(求人ボックスの概要解説)

最近流行の求人ボックスというサイトの名前は徐々に知れ渡っていってるのではないだろうかと思う。

食べログなどでも有名なカカクコムが運営する求人サイトだ。構成としてはindeedとよく似ており、基本的には仕事情報のまとめサイトとしての色合いが濃い。indeedは海外からやってきたサイトを日本人に合うように作り直されているが、求人ボックスについては和製のサイトだと言える。使い勝手なども踏まえて少し比較してみたい。

求人ボックスとindeedは基本的性質がそっくり

実際に求人ボックスとindeedの両方のサイトを見比べてみたいと思う。

まずは求人ボックスから。

求人ボックス

引き続きindeed。

indeed

求人ボックスもindeedも、ともに「職種×勤務地」のキーワードを入力するだけという至ってシンプルな構造になっており、求職者としては気楽に使えるものだと言える。

それぞれ表示をされる案件は異なるかもしれないが、ある程度は共通する案件が表示されるのではないだろうかと思っている。

求人ボックスはカカクコムが運営している

食べログで有名なカカクコムが運営しているのが求人ボックスである。とは言っても価格.comのサイトや食べログのサイトの中にリンク等は出てこず、知名度を上げるような取り組みは見えてこない。

おそらく、リスティング広告やターゲティング広告などの伏線は引かれているはずだろう。

筆者は日ごろ、食べログは利用しないが、ひょっとしたら利用している最中のアドセンス広告みたいなものが表示されているのかもしれない。

そして和製indeedとの呼び声が高い求人ボックスはindeedに比べればまだまだ発展途上段階だと言えるが、サイトとしての成長度合いはindeedを上回ると求人業界の中では評判である。

求人ボックスのサイトで、正社員×愛知県犬山市で試しに検索してみた。

検索結果は2,148件だった。

求人ボックス
求人ボックス

一覧の中には、聞きなれないサイトも含まれた。そして一番驚いたのは1ページ目に労働行政のハローワークの求人票が含まれたことだ。

indeedの検索結果はどうだろうか

indeed
indeed

求人ボックスと同条件の「正社員×愛知県犬山市」で検索してみると、結果は36,402件と求人ボックスの2,148件を遥かに上回る掲載数だった。

まだまだユーザー数の面ではindeedに及ばない求人ボックス

最新のデータではないかもしれないが、ユーザー数はindeedが2,200万人、求人ボックスが220万人とのこと。先ほど、求人案件数の差がストレートに出ていると書いたが、登録ユーザー数においても差は歴然としている。

求人募集をする企業側が気にする一番大きな点としては1クリックあたりの広告単価ではないだろうか。この点についてはどのように設定するかという問題もあるが、目安としてindeedが約100円/1クリックに対して、求人ボックスが約50円/1クリックだと言われている。

クリック数がかさめば、それなりの費用に達するのがこういったネット広告になるので企業側としては安い方が気軽に運用ができる。そういった点では求人ボックスの方がありがたいと感じるだろう。

実際に求人ボックスに案件を掲載してみよう

今回、オーガニック枠(無料枠)に掲載しようと思って、いろいろ準備を進めてきた。掲載しようと思ってすぐにできるわけではないので、タイムスケジュールに余裕を持った行動が必要になる。

派遣会社には少々審査が厳しめだと思う求人ボックス

少し手間がかかるというだけで、別に理不尽な点などはないと思う。

求人ボックス

派遣会社の場合は事業内容の箇所に、派遣事業許可番号を掲載することを求められる。ここに関しては、他のメディアでもほぼ同じだろう。

求人ボックス

派遣会社というレッテルなのかもしれないが、案件ごとに自社雇用である旨の表記が求められるのは少々面倒だなと感じる担当者もいるだろう。例えば派遣会社が、派遣事業ではない案件の求人募集を行いたいときも、こういった表記を毎回しなければいけないのは手間がかかる。

細切れの時間を使っての求人ボックス掲載は難しいかもしれない

案件を掲載するには管理画面から行わなければならないのだが、一時保存機能はない。

求人ボックス

そのため最後までやりきってしまわなければいけない。忙しい担当にとっては少々ハードルが高めかもしれないが、内容を一旦出しておいて後でボリュームを増やすことも容易なので、無理難題ではないはずだ。

公開してもすぐに掲載はされず、求人ボックスの運営者側の審査に入る。アナウンスでは2~3日の時間を要すると記載がされているが、実際には1日程度だった。

求人ボックス

無料での掲載については気長に見るべき

indeedについても求人ボックスについても無料での掲載であれば、気長に見ていかなければいけない。無料(オーガニック)枠であれば掲載順位も下になるのでごくごく当然ではあるともいえる。

緊急的な案件とそうでない案件をうまく見極めて、状況によってはうまく資金投下していかなければならない。

そもそも無料で採用活動ができるほど現状は甘くないのだ。

そのうち素人が自身でクリック単価を設定して、広告の運用ができるのか試してみたいと思っている。

採用担当者向けカテゴリの最新記事